LINE UP BLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JSA第11回全日本スヌーカー選手権結果

優勝:栗本高雄
準優勝:笹田敦史
3位タイ:田中優輔、名越裕晃
大会ハイエストブレイク:69点(栗本高雄)

【ファイナル】
栗本高雄 4-0 笹田敦史
58(43)-17, 62-20, 66(48)-1,50-42

【セミファイナル】
田中優輔 1-3 栗本高雄
44-70(32), 33-62, 62(45)-16, 4-64

名越裕晃 0-3 笹田敦史
16-67, 13-55, 20-56

【クォーターファイナル】
中村哲 0-3 田中優輔
10-60, 65-68, 49-63(34)

栗本高雄 3-1 井上敦貴
62(32)-10, 16-49, 58-18, 74-29

名越裕晃 3-0 松村浩史
62-38, 50-39, 51-30

笹田敦史 3-1 桑田哲也
63-36, 61-36, 26-65, 49-36

【グループリーグ】
・グループA(スヌーカークラブ)
◎栗本高雄 2勝1敗(6)
◎中村哲 3勝(8)
 能登正樹 1勝2敗(2)
 船瀬寿林 3敗(2)

・グループB(スヌーカークラブ)
◎桑田哲也 3勝(9)
◎松村浩史 2勝1敗(6)
 中川淳 1勝2敗(3)
 石黒博也 3敗(0)

・グループC(グリーンルーム)
 長谷修次 1勝2敗(4)
◎笹田敦史 1勝2敗(5)
 大水衛 1勝2敗(2)
◎名越裕晃 3勝(7)

・グループD(グリーンルーム)
◎田中優輔 2勝1敗(7)
◎井上敦貴 3勝(7)
 石原行博 1勝2敗(2)
 伊藤勇人 3敗(2)
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。